Deepcloud AI logo

Deepcloud AI

Cloud computing

DeepCloud AIはAI制御によるコンピューティングパワー売買用の分散型クラウドソリューション

開始日時 18.07.2019 15:00 - 18.07.2019

目標金額 3,000,000 $

評価

silver+

注意点

Bitmax取引所でハードキャップ 500,000$のIEO。一人当たりの投資額は500$、Bitmax取引所で10,000BTMXトークンを保有しているユーザーは1000$を上限にDEEPトークンを購入可能。後日リストの公開があるので情報更新をチェック!

DeepCloud AIはdApps、Web 3.0向けのアプリケーションを開発するためのAI制御による分散型クラウドコンピューティングプラットフォームです。

DeepCloud プラットフォームではマスターノードを使用したProof of Service (PoSe)というコンセンサスアルゴリズムが使用され、アプリケーションはセキュリティーが確保される peer-to-peerリソース上で実行されます。

すべてのトランザクションはDeepCloud AIのブロックチェーンにより確認され書き込みが行われます。

PoSeアルゴリズムはユーザーがPCの余剰能力を共有するためのインセンティブとして開発され、このアルゴリズムをベースにリソースを提供ユーザーには報酬としてトークンが配布され同時にセキュリティーが確保されるpeer-to-peerネットワークの構築が実行されます。DeepCloudの内部アルゴリズムはAI機能によりコンピューティングパワーをクラスタリングしリソースを最適化します。

DeepCloud AI のサービスを利用するのはコンピュテーションパワー、ソフトウェア、 データベースサービス 等を必要とする企業です。 これらの企業にはDeepCloud AI を使用することで従来のIaaS&SaaSプロバイダーよりも低コストでよりセキュリテイーが高いサービスを利用できます。 DeepCloud AIのプラットフォーム上で提供されるサービスはDEEPトークンで支払いが行われます。

DeepCloudAI PlatformのMVP(PC余剰能力の売買が行われるスポットマーケット)は数カ月以内にリリースが予定され、AIによるマッチングツール、ゼロコミッショントランザクション、IOT用のマイクロトランザクション、分散型アプリケーション機能が公開される。

現時点ではDeepCloudAIのエコシステムで画期的なファイル交換を可能にするDeepTransferサービスが公開されており、無料版のDeepTransferは便利で簡単なインターフェイスを備えており分散型クラウドコンピューティング機能を使用して3Gbまでのファイルを転送することができます。2019年7月時点で2万7000回の使用が記録されています。

有料版 DeepTransferはDeepCloudのコーポレートパートナーによるテスト運用が行われており一度に30Gbまでのデーター転送、監査証跡機能、ブロックチェーン機能などを実装しています。同時に有料版の使用で発生した収益の大部分はリソースプロバイダーに還元されています。

トークン:

ハードキャップ:3,000,000$

トークンサプライ:200,000,000 DEEPトークン

初期循環サプライ:3,750,000 DEEPトークン

DEEPトークン価格: 0,1$

トークン分配:

公開販売:トークンサプライの2,5%

  • トークンジェネレーションイベント(TGE)時に50%
  • 16,67% TGE+30日
  • 16,67% TGE+60日
  • 16,67% TGE+90日

プレセール: トークンサプライの3,13%

  • TGE時に20%
  • 20% TGE+30日
  • 30% TGE+60日
  • 30% TGE+90日

クローズドセール: トークンサプライの9,38%

  • TGEから90日後に19カ月プランに基づくロック解除

チーム:トークンサプライの15%;

  • TGEから2年間のロックアップ。以後、毎月10%ずつのロック解除

アドバイザ:トークンサプライの5%;

  • TGEから2年間のロックアップ。以後、毎月10%ずつのロック解除

Bootstrap: トークンサプライの15%;

  • プラットフォーム開発用トークン。取引所に出金不可能なプラットフォームスタート時に必要なトークン

予備トークン: トークンサプライの15%;

  • 不測の経費、開発費用として保管される
  • TGEから2年後にロックが解除される

マーケテイング、PR,マスターノード: トークンサプライの15%;

  • DeepCloudプラットフォーム上でアプリケーション、サービス、ツールを開発・導入する個人、開発チーム、企業に配布されるトークン。又はメディア、インフルエンサー、イベント、コンファレンス出展などの広告費用。マスターノードに使われるトークン。

ファンド・エコシステム: トークンサプライの25%

  • DeepCloud AIで保管されるエコシステム用のトークン
  • TGEから5年間の間に徐々にリリース

チーム:

チームには、クラウドコンピューティング、サイバーセキュリティ、ファイナンスの経験を持つ11名の専門家で構成されます。 CEOのMax Ryeはクラウドコンピューティング業界で15年の経験を持つ、エンタープライズクラウドインフラストラクチャの構築の経験者、及びAIの研究者です 。

競合他社: Golem, SONM, iExec.

DeepCloud AIはNebulasとのパートナーシップを発表しています。NebulasチームとDeepcloud AIはプレゼンテーションを行うためにGoogle社に招待されています。

結論: 高レベルのプロジェクトですが多くの競合相手が存在するマーケットに参入することになります。又、WEBサイト上で投資機関・ファンド情報の記載が無くMVPが一般公開されていません。

国際プロジェクト

トークン記号

DEEP

トークンタイプ

BEP2

トークン価格

0.1 USD

供給率

15%

総合サプライ

200,000,000

循環サプライ

3,750,000

受付通貨

USDT ,