Fluence logo

Fluence

Cloud Storage

Fluenceは暗号化データーベースサービスを提供する、独立したノードで構築されたネットワーク

開始日時 TBA

目標金額 TBA

評価

silver

Fluence.aiは、独立ノードのP2P(peer to peer)ネットワークで構築される分散型データベースです。完全な暗号化とデータへの柔軟なアクセス制御に加えて、従来のデータベースのすべての機能を提供します。

Fluenceは特定のデータセットを担当するクラスターを編成し、各クラスターはすべてのオペレーションと報酬に対する独自のブロックコードを保存します。

さらに、アービターズ(Arbiters )と呼ばれる一連のノードは、操作を検証するために各クラスターを検索します。プロジェクトはNoSQL暗号化データベースを実装しています。データーベースへのアクセスはコンセンサスメカニズムを採用した一連のノードによって処理されます。さらに、Fluenceネットワークではプロキシ再暗号化技術を使用して、暗号化キーを開示せずに暗号化されたデータを第3者に提供します。簡単に言うと、Fluenceネットワークはデータアクセス、データ集約・転送、及びデータのマネタイズを可能にするデータ格納庫です。分散アプリケーションはFluenceをデータベースとして使用できます。プロジェクト開発者はこの技術が分散型アプリケーションによる個人データ市場の革命につながると確信しています。

Fluence Devnetは稼働済み

Fluenceプロトコルは開発中ですが、 WebAssemblyに対応したフォークRedis(NoSQL)およびLlamaDB(SQL)を提供するアルファバージョンは既にテストすることが可能です。

  • trustless ネットワークでのSQLおよびNoSQLデータベースの即座導入
  • Rust、C ++、またはAssemblyScriptを使用して独自のアプリケーションの作成、及び分散環境での実行
  • 独自のFluenceノードの起動

今すぐトライ

トークン

FLUはEthereumベースのトークンで、その保有者はネットワーク利益から配当を受け取ります。システム内には、ネットワークパワーを借りるための内部トークンFFTが存在します。FLUトークンは、Fluenceが管理するゲートウェイ上で内部トークン(FFT)と交換する必要があります。ゲートウェイは0.5%の手数料を取り、そこから配当が形成されます。 FFTトークンは、ネットワーク内のオペレーションを行うことを目的としており、内部のカスタムブロックチェーンで発行されます。また、データを格納し、データベースを使用してオペレーションを実行するノードに対する報酬としても機能します。 FFTトークンの価格は、Fluenceチームによって管理されている一元管理されたOracleによって設定され、常に約1ドルの価格が維持されるように設計されています。

トークンの発行と配布ルール:合計100,000,000 FLUが発行される予定。

トークン分布:6% - プリセール、45% - クラウドセール、20% - 後続ラウンド、20% - チームへの割り当て、9% - エコシステムファンド。

結論:データのセキュリティと使いやすさの向上を目的とした非常に有望なプロジェクトです。

ロシア

トークン記号

FLU

トークンタイプ

ERC-20

供給率

50%

ホワイトリスト

01.10.2018, 登録

総合サプライ

100,000,000
1kx 1kx
8 Decimal Capital 8 Decimal Capital
Dekrypt Capital Dekrypt Capital